車 塗装 料金

車を塗装する場合、一体どれほどの料金がかかるのか想像がつきません。また塗装する部分によっても、料金は大きく変動してしまいます。そして傷をつけてしまい、塗装が剥げてしまった時に、一部分を塗装する場合と、イメージチェンジや、日焼けなどの劣化による全体塗装では全く料金は違うでしょう。また塗装する色によっても塗料の金額に差があります。また一つ一つパーツを外して塗装することになりますので、手間隙がかかりますと、その分料金も高くなるでしょう。塗装は自分でカラースプレーを使えばできますが、やはり大切は車を綺麗に保つには専門業者に依頼することが1番です。一部分のパーツですと2万円からできますので、どの部分の塗装をお願いするのか、そして予算を明確にしておくことが大切になります。

車の塗装が全体的か部分的かによって大きく変わる料金を解説

まず車を塗装する時に気になるポイントは料金ではないでしょうか。塗装したくても、料金が高くなってしまうと、手が出ないこともあります。擦り傷などによりドアや、バンパー、ボンネットなど一部分を塗装する場合は、2万円から5万円ほどで塗装してもらえることが多いです。しかし、特殊なカラーの塗装になると、塗料の金額が上がりますので、全体的な料金も高くなってしまいます。また、劣化やイメージチェンジなどで全体的に塗装する場合は、車の大きさや、現状の車の状態、カラーなどにより大きく金額が変わってきます。基本的には40万円から50万円ほどになりますが、依頼する塗装会社によって変わってきますので、きちんと確かめておきましょう。このように小さな傷の塗装から全体的に塗装する場合と比べますと大幅に料金が変わってきます。必ず自身にあった内容で依頼をしましょう。

塗装料金は車の状態や色によっても左右されるので現状をよく把握しましょう

車を一台塗装するには、車の車種や車の状態、また塗装する色によって、料金が大きく変わってきます。同系色を塗り直すのか、全く違う色を新しく塗るのかによっても、料金に差が出るでしょう。違う色を塗る場合は下地処理が必要なことがありますので、料金も加算されてしまいます。そして、車全体を塗装したとしても、ドアを開けたときに見えるステップや、ボンネットを開いたときに見える内部の塗装も必要になるでしょう。同系色を塗装した場合は、内部の塗装はしなくても違和感はありませんが、全く違う色を塗装した場合は、内部の塗装も行わないと、乗り降りの際に気になるでしょう。このように様々な条件により車一台を塗装する料金は変わってきます。基本的な塗装で終わる場合は30万円ほどの料金になるでしょう。また特殊な色を塗装する場合や、現状の車の劣化具合によって、手間や時間がかかってしまう場合には、50万円以上になることもあります。